HOME>トピックス>上手な動画広告

動画の長さを考える

昨今はインターネットを中心に動画を使った広告の動画マーケティングが非常に盛んです。静止画に比べると動画の方が動きがあるために、視覚的に強く訴えられます。ここで気になるのは動画はどのようなものを作れば良いかです。例えば長さです、数秒間の短い動画もあれば、1分以上も続く長い動画もあります。インターネット上では人の気持ちは移り変わりが速いので、あまり長い動画は見ないかもしれません。特に最近は以前よりも短い動画が増えてきています。自分の動画をどこに置くのか、どの様な層をターゲットにするのかしっかりと検討して動画を作る必要があります。

適切な媒体を探す

動画マーケティングで大切なことはどこに自分の動画を置くかです。テレビや新聞等のマスメディアと違い、ネット上には無数の媒体があります。例えばニュースのサイトにしても、芸能ニュースを中心に扱うものもあれば、テック系の少しマニア向けのコンテンツを扱っているものもあります。そのため、より自分が求める特定の購買層に直接訴えかけることが出来ます。自社のサービスや商品を購入してくれそうな特定の媒体を的確に見つけることが出来れば、宣伝効果はマスメディアよりもずっと大きなものになります。

広告募集中